ブログ

1 / 212
2011.06.30

福田繁雄の視点

企画開発部の新屋敷です。

僕は普段デザイナーという肩書きで仕事をしていますが、
過去この方の作品と会って震えたのを紹介します。
制作者は日本を代表するデザイナーで「福田繁雄」氏。

日本のエッシャーとも言われる氏の作品は
「ウッホー」と興奮させるものばかりでした。
その中で一番好きな作品は
この一見なんのこっちゃわからないオブジェ。

これ、ナイフやフォークを溶接して
作ってあるんです。
展示会に初めていった時に
全く意味がわからず、手前にあった
スイッチを押すと奥から電灯がパッとついて
目に飛び込んできたのはまさかの風景。

とにかく鳥肌がたちまくって寒気がしたのを
覚えてます。作品タイトルもイカしてて
「ランチはヘルメットをかぶって・・・」
なんて最高すぎです。
2009年に逝去されましたが、
それまで数々のびっくり作品を世に送り込んできました。
元々僕が所属しているデザイナー協会の会長だった事もあり、
過去2度だけお会いした事ありますが、
100%気さくなおじさまで、とある会合では
「よし、君にロシアのエラい人を紹介しよう」
と全く共通点の無いロシアのガチでエラい人を
紹介していただき(ロシア政府の人)
言葉が全くわからずハラショーを繰り返すだけの僕、
そしてそんな僕を見てケタケタ 笑っている氏が
印象的でした。

このスタイルが今やっている仕事に
直接結びつく表現はなかなか無いのですが、
この方の持っていた「視点」を見習おうと
思っているのでございマス。

その他の作品とか

エッシャーの作品をほんとに立体でつくりあげた。ガチで水まで流れます。

2011.06.29

暑さ対策

メディア開発部の春山です。

突然の猛暑の中、みなさんいかがおすごしでしょうか。個人的には「冬より夏」派なので、今年もいよいよきたかとテンション上がっております。今日はそんな夏の楽しみを2つほどご紹介します。


・氷結&かき氷
夏といえば冷えたお酒が美味しい季節。なぎら健壱が言うところの「チンカチンカのひゃっこいルービー」が美味しい季節でもあります。そんな中でボクの夏の楽しみといえば、氷結&かき氷。大きめのグラスやジョッキ半分くらいにかき氷を入れ、そこに氷結を注いでみぞれ状にして飲む。書いてるだけでヒンヤリ気持ちよくなってきました。


・バブシャワー(エクストラクール)
こういうのなんて言うんですかね?お風呂あがりに塗るとヒヤヒヤ、スースーするボディローション?です。「バブシャワー」は強さが3段階あって、もちろん一番冷える「エクストラクール」がお気に入り。これを塗ると外から入る生温い風もギンギンに冷えたクーラーのような肌触りになります。

あと個人的には、以前「探偵ナイトスクープ」で紹介されていた「アイヌの涙」という、40度のお風呂に一滴垂らすだけで水風呂みたいな温度になる(感じる)という不思議な薬品?を使ってみたいと思っています。熱湯風呂に入っているのにガチガチ震えるという不思議体験。猛暑も楽しみながら乗り越えたいと思います!

2011.06.28

社内BGM「The Prodigy – Out Of Space」

メディア開発部 町です。
蒸し暑い毎日が続きます。みなさん体調管理等万全でしょうか?
弊社はできるだけエアコンなどを使わないようにしたり
使うにしても設定温度を高めに設定して節電対策を取っておりますが、
やはりお昼過ぎなどはどうしてもダレてきてしまいます。

そんな時気合を入れなおすために私は自分にとってルーツとも言える音楽を聴き、その初期衝動を持って午後の仕事に取り組んで乗り越えたりするのですが、本日ご紹介するのはそんな一曲。

大人気イギリスのテクノ/エレクトロロックバンド「Prodigy」の名曲「OUT OF SPACE」。
今でこそProdigyと言えばエレクトロロックバンドの代名詞になっておりますが
デビューした90年代初頭はあの「ジュリアナテクノ」の名士だったんですね。
「OUT OF SPACE」はジュリアナテクノの代表曲でもあります。
途中レゲエ特有の「ラガボイス」が入るのがなんとも夏らしくていい感じです。

本日も昼過ぎからさらに蒸し暑くなりそうですが、初期衝動な曲を聴いて乗り切りたいと思います。

2011.06.27

オトナ語の謎。

企画戦略部の新屋敷です。
おはようございます。

社会人になってもう10数年たちますが、
よくよく考えたら結構謎めいたキーワードを耳にします。
特に新社会人の方々は社会で当たり前に使われてる言葉に
ドギマギする事も多いんじゃないでしょうか。

糸井重里氏監修「オトナ語の謎。」という本を
最近読んでいるのですが、その内容がまさにソレです。
日常当たり前に使われている不思議なビジネス用語が満載で、
「おぉ!実は間違ってた!?」と思う事もたくさんあります。

コピーライター糸井氏の独特のオヤジーなセンス(尊敬の意含む)を
交えて楽 しく紹介してます。
特にに営業さんは読んでみるとドキッとする内容が多いかと思います(笑
かといってこの本に書いてある内容が全て間違っているわけでもなく、
逆に使っていかないと日本の組織ではやっていけないんじゃないか?
みたいな事でもあったり・・・ハッキリしない日本人からうまれるべくして
うまれたキーワード満載です。

オトナ語の謎。をウェブでも
「オトナ語の謎。」

2011.06.24

[グルメ]百人町激安グルメストリート

メディア開発部の春山です。

我がアドライヴ!がある小滝橋通り周辺は新宿でも屈指のお食事所で、至る所に飲食店があり激戦区となっていることは、昨日のブログを読んだ皆さんならご存知の通り。

そんな中でボクのお気に入りは、小滝橋通りから大久保駅に向かう路地、激安B級グルメが立ち並ぶ「百人町激安グルメストリート」です。

大きな地図で見る

有名なお店では「みなさんのおかげでした」の名物企画「きたなシュラン」にも登場した激安牛スジカレー『小さなカレー家』や、ザ・定食屋スタイルで人気の『日の出中華』、これまたオールドスクーラー落涙のアルミ皿で定食が出てくる『ふじや』などなど、名店が立ち並ぶ中で、個人的にオススメしたいのが『中華八十番』です。
————————-
中華 八十番
[中華料理]
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-24-8(地図
ぐるなびで 中華 八十番 の詳細情報を見る
※2011年6月24日現在の情報です
ぐるなびぐるなび
————————-
どーですか、このぐるなびでも情報がまったく集まってない穴場ぶり。
何食べても大抵ビックリするくらい美味いんですが、その中でも個人的に一押しは『カレーライス』。元が中華料理屋なので味付けも中華風、店の親父が使い込んだお玉と中華鍋だけで作るカレーは、インド風でも欧風でも和風でもない『中華風カレー』。このカレーにだけなぜか味噌汁が付かないのが残念ですが、450円で味・ボリューム共に文句ナシ!こんだけ安くて美味いのに、名前が「八十番」というのも謙虚で好感が持てます。

ド渋い赤暖簾に狭くて脂っぽい店内はややハードル高めな印象もありますが、揚げ物系男子なら200%満足行くお店だと思います!是非!

2011.06.23

[グルメ]新宿イカセンター

メディア開発部 町です。
我がアドライヴ!がある小滝橋通り周辺は
新宿でも屈指のお食事所で至る所に飲食店があり激戦区となっております。

そのためお店の移り変わりも激しく、先週オープンしたかと思えば
次の週には潰れているなんてこともしょっちゅうあります。
それだけに混んでいる人気店は味や雰囲気などちゃんと理由があったりします。

ちなみに小滝橋通り沿いは博多や熊本などの九州郷土料理か
新鮮な魚介類を売りにした鮮魚居酒屋が多かったりします。

そんな中で今一番人気があるといっても過言ではないのが
本日ご紹介する「新宿イカセンター」。

ビルの4階5階にあるお店なのに店内はまさに海鮮市場そのままで
椅子もテーブルも安っぽいものなのですが、逆に雰囲気を出してて心地が良いです。

店内には巨大なイケスがあり仕入れたばかりのイカが縦横無尽に泳ぎまくってます。
注文すればその場でイカをしめて新鮮なまま出してくれるのですが
その甘さや歯ごたえは正直病み付きになる美味しさです。

お値段は少々張るのと店員さんの慣れ慣れしさが玉に瑕なところもありますが
イカ以外の鮮魚も大変美味しいですし値段の価値はあると思います。

是非アドライヴ!の近くに来られた際には一度行かれることをおすすめします。
========================
活イカ卸直営店 新宿イカセンター
[卸直営の活イカ専門店]
活イカ卸直営店 新宿イカセンター
都営大江戸線新宿西口駅 徒歩1分
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-13 ガイアビル5F(地図
ぐるなびで 活イカ卸直営店 新宿イカセンター の詳細情報を見る
※2011年6月23日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

2011.06.22

優れた日本語を観てきました

企画戦略部の新屋敷(しんやしき)です。

おはようございます。

アドミュージアム東京で開催中のTCC(東京コピーライターズクラブ)の

展示会にいってきました。キャッチコピーやフレーズなど優れた言葉の

広告を紹介している展示会です。

普段何気に使ってる様々な言葉も組み合わせによっては

感動や喜び、怒りに変える事ができるんだなと。

特にラジオCMは音だけで世界観を表現する

ハイレベルな内容ですが、ポスターやテレビCM以上に

シズル感が満載です。

興味ある方はゼヒ!

★アドミュージアム東京(汐留)

http://www.admt.jp/

 

2011.06.21

「スポーツ選手・この異名がすごい!」発売決定!

メディア開発部の春山です。

 

この度通算5冊目となる弊社企画・編集の本が発売されます!その名も「スポーツ選手・この異名がすごい!」(スコラムック)!

 

【世界の本塁打王】【銀盤の妖精】【燃える闘魂】などなど、スポーツ界にはいろいろな【異名】がありますが、その異名の魅力を各界専門家が徹底解説しております!

 

2011年6月30日、全国書店にて発売です。スポーツ新聞風の表紙が目印!是非ともお買い求めください。

20110621-104826.jpg

2011.06.20

【お知らせ】被災地にPCを寄贈しました。

 

3月11日の大震災により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り
申し上げますとともに、被災された地域の皆様とご家族の方々に、
心からお見舞い申し上げます。

まだまだ復興に際しての支援を続けていかなければ、との思いから
弊社ではこの度被災地へ向けPCを15台寄付させて頂きました。

これらのPCはそれぞれ岩手・宮城・茨城各県の損害保険代理店業協会様
へ送付し、その後被災された保険代理店様等で活用して頂けるそうです。

今回の受け入れにあたり窓口となって頂きました埼玉県損害保険代理店業協会様、株式会社アシスト様に感謝いたします。

株式会社ADLIVE!では今後も様々な形で支援をさせて頂きたいと思っております。

社内BGM「AC/DC – Thunderstruck」


メディア開発部 町です。アドライヴ社内BGMと言えばAC/DC!特にこの曲はテンションあがりますね!

1 / 212